無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月25日 (木)

姫路市大津区平松で新築住宅

姫路市大津区平松の新築物件です


最近は新築物件が続いています
消費税増税の絡みなのでしょうか
景気条項が付いていますので100パーセント増税が行われるかどうかわからない点が厄介ですね
メ-カ-既製品が多用される物件が殆んどですが個人大工棟梁が建てる住まいはこだわりがいっぱい

P7230131_800x600 P7230133_800x600

P7230134_800x600 P7230138_800x600

クロスが使用されているのはリビングダイニングの腰板から上部のみ
後はすべて無垢板です
初期材料費は高くつくと思いますが張り替え要らずで汚れてもお洗濯可能
色やけや自然の汚れは返ってあじが出てくると思います
床も無垢まがいでは無く一枚もので、エコオイル塗装
真っ白の空間もいいけどやはり木は落ち着きます
我々の施工は手間がかかりますが。

そうじと物件再生のイ~ピカドットコム
ハウスクリーニングのクリーナー西播

代表   拝

メールでのお問い合わせはinfo@e-pika.com 迄お願い致します
お電話の場合は 079-273-5870 迄お願い致します

2013年7月16日 (火)

姫路市岡田で中古マンションリフォーム現場

姫路市岡田でマンションリフォ-ム物件です


リフォ-ム箇所はクロス張替えのみですので我々の施工箇所は100パーセント
入れ替え無しのそのままの状態でした

P7160007_800x600 P7160026_800x600
油分は厚さ数ミリで堆積
中古物件のスポット施工ならでわの光景
P7160037_800x600 P7160027_800x600
羽の表面は少し不満が残る出来になりました
カバ-は塗装の痛みもほとんどなく良い出来だと思われます
P7160019_800x600
お風呂は銅イオンが付着
画像では分かりませんが浴槽ふちは水垢でがさがさでした
P7160045_800x600 P7160044_800x600
汚れを除去すると光沢が戻ってきました
キズは入っていません
P7160046_800x600
お決まりコースで扉脱衣室側は水垢カリカリでした
P7160040_800x600_2
シンク研磨の依頼は頂いておりませんでしたので軽る~く磨いただけです
これはキズ消しもしていないし研磨では有りません

中古スポットはなかなか大変な物件が多いです

そうじと物件再生のイ~ピカドットコム
ハウスクリーニングのクリーナー西播

代表   拝

メールでのお問い合わせはinfo@e-pika.com 迄お願い致します
お電話の場合は 079-273-5870 迄お願い致します。

2013年7月12日 (金)

たつの市揖保町で絵馬殿洗い工事

本日はたつの市揖保町で絵馬殿の施工でした


久しぶりの木造神社物件でした

P1060991_800x600_2

P1060992_800x600
P1060996_800x600

少し離れたところから棟梁と役員さんの会話を聞いていた(聞こえてきた)
礼儀はわきまえつつ
お互い割と言いたいようにズバズバ物を言っている
語弊があるかもしれないが最近の平身低頭の営業スタイルとは間逆
でも最終的にはすっきりと丸く収まる
客先が言いたいことを言えない雰囲気は最悪だけど
業者側が物を言えないと相手先の本当の要望を見逃す可能性もある
私が求めるコミニュケ-ションスタイルはお互いに気兼ねなく物が言えること
そうなれば良い落とし所でツボにはまった施工が可能となると考えています


おそうじと物件再生のイ~ピカドットコム
ハウスクリーニングのクリーナー西播

代表   拝

メールでのお問い合わせはinfo@e-pika.com 迄お願い致します
お電話の場合は 079-273-5870 迄お願い致します。

2013年7月11日 (木)

加古川市志方町で和室白木お洗濯

ここ何日間は新築現場が続いていますので以前アップしていなかった白木お洗濯の現場を

施工日は2013年4月中旬です
田の字の和室4部屋と裏表の縁側、建具を施工させていただきました

P1060641_800x600 P1060683_800x600
今からお洗濯します
P1060654_800x600 P1060644_800x600
はめ込むとこのような雰囲気になります
ガラスのヒビは元からです
一昔前によく使用されていたケントクとゆうロウを油脂でといたものがこってりと塗られていたので少しむらが出た所があります
こすりすぎると荒れますのでこの辺りが限界かと
何も塗ってなければむら無く仕上がります
20枚以上有りましたがすべての画像は撮影していませんのでちぐはぐな画像になってしまいました
施工にはもちろん注意点とコツが有ります
とにかく表面は荒さないようにしないと
次回は天井板をアップします


おそうじと物件再生のイ~ピカドットコム
ハウスクリーニングのクリーナー西播

代表   拝

メールでのお問い合わせはinfo@e-pika.com 迄お願い致します
お電話の場合は 079-273-5870 迄お願い致します。

2013年7月 7日 (日)

たつの市御津町朝臣で新築クリ-ニングとリペア

たつの市御津町の新築現場ですメーカーさんから地元工務店さん個人大工さんの現場などいろいろな物件でお世話になります

今回は地元工務店さんの物件
今回は現場でリペアも頼まれました
P7060094_800x600 P7060097_800x600
施工後は施工前に比べ時間が経過していますので日が落ちかけ少し暗い画像になりました
キズがゼロが当然良いのですがメーカーさんでも現実ゼロはありません
いかに少なくするかが現状です
キズの補修といいましても元には戻りません
あくまで見た目を分かりずらくするもので性能的にも元の状態には敵いません戻りません
床の場合平面性を求めるならピース(不自然にならないで区切れる最小単位)で区切ってピース全体をペーパー掛けすれば平面性は抜群でこのやり方をする補修屋さんも見たことがあります
欠点はキズ部分の何倍もの正常部位まで削り取ってしまうためメーカー塗装が大面積失われます
変わりに現場塗装で補いますが耐久性はメーカー塗装にはるか及ばないことがほとんどで絶えず通行する所は半月で艶に変化が現れます
補修箇所が多い部屋でこれをやるとやはりまだらになっているのが分かることがあり塗装の弱さを補うためワックスがけをしてくれと補修のケツが回ってくることも有りました
触った時の質感も違います
当方は専門の補修業者ではありませんが直すときは極力傷の周りのみにすることを基本としています
たとえ平面性で劣って出来が悪くなったとしてもです
生活が始まれば小キズは避けられませんむしろ生活が始まると求められるのは床表面の耐久性だからです短期間でアウトではまずいと思います
何年か後に物件に訪問することが有りますが補修痕がよく分かることがあります
こうなると補修後は少しでも小さいほうが良いのではと思います
どうしても全部削って仕上げろとゆうなら他を頼んでくださいとお願いしています
考えに反することはお受けできません
引渡し後お施主様が気が付いているキズを直す機会でも上の説明をさせていただくと皆様最小単位でお願いしますとおっしゃります
当然余りにも見苦しい仕上がりのものはNGですが
プロ中のプロの補修業者さんには敵いませんがクリーニング時に気が付く傷も多く
この物件などは翌日引渡しですので本日中に直すスピード性も関係してきます
補修箇所がものすごく多い、直すものが特殊なら当然補修屋さんにお願いするのがよいと思います
一般的な住宅部材に付いたそう数が多くない、補修屋さんに頼むほどではない量でしたら我々に発注していただくメリットはあるかと思います
補修に関しての考えはあくまで当社の考えであるので皆様のニーズに合わせて施工していただくのが良いと思います押し付けでは有りませんのでご理解くださいませ
各種研磨材料で補修屋さんが行わない表面仕上げが出来ないかとは絶えず考えるところです


おそうじと物件再生のイ~ピカドットコム
ハウスクリーニングのクリーナー西播

代表   拝

メールでのお問い合わせはinfo@e-pika.com 迄お願い致します
お電話の場合は 079-273-5870 迄お願い致します。

2013年7月 6日 (土)

姫路市勝原区でシンクの研磨」

7月3日のがっつり付いた水垢傷取り研磨では番手不足と最初の番手選択がよくなかったので

アップした画像のようなざまに仕上がってしまって
同じ商材を使用して再度検証
同じ条件は2度と現れませんが20年物のシンクです
P7050067_800x600 P7050071_800x600

それなりの使用感

P7050080_800x600 P7050087_800x600

P7050091_800x600

完全リベンジとは行きませんでした
傷は完全に消しきれていません
研磨むらがあり研磨対象とまだまだ対話が出来ていません
難しい
鏡面に仕上げるならここがスタート地点です
管理会社の方が急遽5日後に違う部屋の入居が決まったのでそちらを間に合わせるようにとのお達し
こちらはとりあえずここでしばし休止です

おそうじと物件再生のイ~ピカドットコム
ハウスクリーニングのクリーナー西播

代表   拝

メールでのお問い合わせはinfo@e-pika.com 迄お願い致します
お電話の場合は 079-273-5870 迄お願い致します。

2013年7月 5日 (金)

たつの市揖保川町神戸でユニットバスクリ-ニング

今日はたつの市揖保川町神戸でユニットバスクリーニングです

お客様は日常清掃はされていますが水質の関係なのかとにかく水垢がすごいです
床の滑りもなかなかのもの
生後4ヶ月の可愛い赤ちゃんが
クリ-ニングはこの可愛い赤ちゃんと無関係ではないようです
P7050037_600x800
壁はスポンジでこするだけでかさかさ音が出るほどの水垢のたまり具合
P7050060_800x600
こちらは問題なく
P7050047_800x600
エプロンは滑り横一文字に取っている所です
P7050044_800x600
爪に引っかかる水垢
P7050066_800x600
蛇口は洗剤での除去は無理でした
研磨剤も試しましたが効果薄くメッキのほうが駄目になりそうなので早々に断念
結局削りました
一通り削りました傷は入らなかったと思います見える傷はお客様の格闘の痕か
P7050043_800x600
床は問題ありません色が変わっているところが汚れの落ちている箇所です
カビに関してはグレ-コ-キングに関しては効果が高かった場所が多かったですが
ゴムパッキンに関しては薄くなっても完全除去は出来ませんでした
このように年数の経過した単発の受注においてはやはりカビが最大の難問になります
コ-キングなら打ち直しも出来ますが部品であるゴムパッキンは容易に交換が出来ません
どうしたものか頭痛の種です
おそうじと物件再生のイ~ピカドットコム
ハウスクリーニングのクリーナー西播

代表   拝

メールでのお問い合わせはinfo@e-pika.com 迄お願い致します
お電話の場合は 079-273-5870 迄お願い致します。

2013年7月 4日 (木)

兵庫県姫路市勝原区宮田で賃貸入居前クリーニング

今日は姫路市網干区で一戸建て全室リフォームの現場を完了させて

姫路市勝原区に入居前クリーニングに来ています
時間も余り無いですし明日水垢がっつりのユニットバスの鏡を磨くので
道具の確認もかねてユニットバスと鏡の研磨を施工(研磨は鏡のみ)
P7040012_800x600_2
ハウスクリーニング業者の方々のブログに頻繁に登場する画像
むさい顔が写り込まないよう体は逃げて逃げて
P7040020_800x600_2
取付金具近辺の特に左右の端に機械が入らないのが困ります
手研磨以外の方法をゆくゆくは何とかしないと
模型用の機械使えるだろうか???
鏡は築20年のユニットバス鏡
角々に少し痛みが出始めていますが20年選手にしてはよい常態だと思います

おそうじと物件再生のイ~ピカドットコム
ハウスクリーニングのクリーナー西播

代表   拝

メールでのお問い合わせはinfo@e-pika.com 迄お願い致します
お電話の場合は 079-273-5870 迄お願い致します。

2013年7月 3日 (水)

兵庫県加古郡播磨町で水垢がっつりの流し天板

加古郡播磨町の中古物件

企業様が新しい事業所を建築中に半年間仮の事業所として使用されるそうです
持ち主さんはもう貸し出す気が無かったようで現状のままでよかったら
何も直しませんよ
そのような条件だそうです
かなり荒れてます担当者の女性スタッフの方
ここに来ると後から体がかゆくなると
入りたくないモード全開です
全体に手をかけましたが流し台は使用予定で天板にはコップなど置きたいとのこと
最初は清掃だけで良いとのことでしたが
せめて気持ちよく置きたいオーラが無言の中にも全開しています
清掃ではどうにもなりませんので研磨します
料金には入っていませんが当方には経験とノウハウというお金には変えられない価値が入ってきますので残業です
P7030018_800x600
このがっつり付いた水垢
いつものやり方ではびくともしませんでした
有機酸による攻撃も跳ね返してしまいます
大胆なことして後で痛い目にはあいたくありませんが、まずはこの水垢を何とかせねば始まりません
P7030032_800x600
根性決めてまずは水垢を削り落とします
持参していたある商材が役に立ちましたが番手が少なく研磨痕が残りました
割と短時間で水垢は撃退できましたので良い経験をさせていただきました
持参した材料の番手がもう少し多ければもっと良い仕上がりになったと思いますが
今回は研磨痕の残ったこのざまを正直にアップします(シンク内部はこれからです)
研磨痕の関係で艶は上げていません
次の機会には材料そろえてリベンジします
お客様には喜んでいただけました
シンクは全体を研磨しましたが深い傷が残ります
怖いけどもう何番手か使う番手を下げようか・・・
自分の家でまずはテストしないと怖くて現場ではちょっと出来ない
おそうじと物件再生のイ~ピカドットコム
ハウスクリーニングのクリーナー西播
代表  拝
メールでのお問い合わせはinfo@e-pika.com でお願い致します
お電話でのお問い合わせは 079-273-5870までお願いします
 

2013年7月 2日 (火)

今日は畑の話題

農家では有りませんが畑をお借りして少しばかり野菜を作っています

コンセプトは妊婦さんや小さいお子さんが安心して食べられる食べ物を育てる
化学肥料を使わず農薬も不使用
有機栽培といわれる鶏糞、牛糞など窒素分の多い有機資材も一切不使用です
無肥料栽培では自然農や炭素循環農法を実践する仲間が全国にいますが
私は独自の農法を?実践中・・・実験中
P1060036_800x600
俗にゆうボカシ肥です
米糠や籾殻、クン炭、牡蠣ガラ、油粕などを微生物の力を借りて発酵させて作ります
期間は3ヶ月
上の写真は完成品白い部分は放線菌の塊です
P1040671_800x600
こちらが材料を混ぜ込んだだけの状態ですので1枚目と比べて違いが分かると思います
仕事の施工前 施工後ではありませんが
ボカシは麹菌がでん粉を糖に変えることから始まって次々といろんな菌にバトンを渡して行きます
発酵が始まると60℃前後の熱が出ます、甘い香りから始まって最終的にはお醤油の匂いに
発酵により材料は優良アミノ酸の塊へと変わって生きます
鶏糞や牛糞、化成肥料に含まれる窒素
アンモニア態窒素といいますが土に施肥すると硝酸態窒素に変わります(えぐみの原因)その硝酸態窒素を野菜が吸収し体内で再びアンモニア態窒素に変化させた後最終的にアミノ酸を形成してその体を作っていきます
問題なのは収穫して土から抜いた時点ですべての活動が停止してしまうこと
吸収中の硝酸態窒素もそのまま残留することになります
日本は規制値が緩いですが外国などは妊婦幼児に良くないとのことで規制値は厳しいです
理屈から言えばアンモニア態窒素を投入することからすべてが始まってしまいますのでまずはこちらを減らすことから始めないといけません
炭素循環農法などは剪定チップなどの高炭素資材のみを使用するので窒素問題に対してはとても有効と思います
当方は野菜が最終的に形成するアミノ酸を微生物の発酵の力を借りてボカシ肥として直接投入直接吸収してもらうことをを目指しています
ボカシを作り始めて3年野菜の特徴は緑が淡い黄緑になります
窒素残留が多いとドギツイ緑です、やわらかく火の通りがよくなり残留窒素特有のえぐみが有りません
すべてのバランスが取れると虫による虫害も少なくなります
まだまだ分からないことだらけですが、素人とはいえ作り手のプライドにかけて
良いものを妊婦さんや小さいお子さんに安心して食べてもらいたいと思って日々実践中です
P7010543_800x600
色ずきだしたトマトです
上に書いた内容で育てています
他にも実験中のものがありますが今日はこのあたりで
単品でどうこうなるものではないと考えています
いろんなものがバランスよく共鳴したときに良いものが出来ると思います
仕事と同じです
畑に携わると何が正しく何が間違っているか世の中の原理原則を否応無く突きつけられる世界です
教科書には無い現場の世界です
P7030039_800x600
P7030041_800x600
おそうじと物件再生のイ~ピカドットコム
ハウスクリーニングのクリーナー西播
代表  拝

2013年7月 1日 (月)

トイレ便座のコーテチィングについて

P6230292_800x600

便器(陶器製)にコーティングしています
施工の時期は1年と少し前
基本的に使えるかどうかは自分で確かめるなり現場での評判を聞くなりしないとメーカーの言うことをそのまま鵜呑みにすると痛い目に会うことがあります
こちらは自宅トイレですので他人様には迷惑はかかりません
成分はシリコン系表面皮膜を形成、硬度9Hだそうです
分かりずらいですが
施工時はつやもあり◎撥水性もあります
撥水性は程なく無くなっていきます
半年後小便器の水が流れる筋の部分から白くなり始めました
通常清掃 (メンテ用で使うよう紹介されたシリコンが含まれたメンテ洗剤で) 一般的なトイレ清掃道具を使用(当然金属性などの硬いものではない)
観察のためそのまま経過を見る(私も毎日使用してお世話になっています)
1年後おしっこがあたる箇所が星型(水が広がる形)で自然にはがれてくる
その他部分も尿が流れる部分を中心に白い変色が進行中
変化が無いのはふちの水がまったくかからないところ
現場で活躍する塗装屋さん、お風呂の塗り替え業者の方々に参考意見をお伺いすると
ガラス質(陶器便座表面の釉薬はガラス質)は塗装、コーティングで一番厳しい材質
塗膜が剥がれないように下地はしっかり洗浄、足付け用の荒し(その名のとおり表面をかさかさにしてひっつきやすくする)
荒すにはペーパーではまず不可能(細部にペーパーが入らないし均一に削り落として荒すのは難しいとのアドバイス)薬品で表面を荒すのだそうです
ここまでして下地は完了、その後は塗る材料の耐久性が問題となるそうです
ちょっと待ってください
我々ハウスクリーニング業者はいかに表面を傷つけずに汚れを取るかで日々格闘中なのでこれは間逆の話
私の中での結論は
塗装と(コーティング含む)綺麗にするための行為(研磨を含む)は両立しない
研磨などして表面の状態をつるつるに仕上げて光沢を出せば出すほど何かを塗布するにはやってはいけない行為になり
塗布のため表面を荒せば荒すほどそのままでは絶対に使用できなくなり
何かを表面に塗布することが絶対条件になります
矛盾してます
表面に塗布されたものが寿命を迎えると剥がれ変色の症状が現れるのでしょう
上の便器は典型的な剥離現象、白く変色もしていますので材料そのものの変質も考えられます
半年後に症状が出ては使えないと思います
きっちり研磨するか洗浄するか
痛んでいるものは交換するか表面を荒して塗装またはコーティング
これが現実路線だと思います
不安要素が大きいものは使用できません
硬さが9Hとゆうのも気になります
塗料でもせいぜい6あたりだそうです又本当にそれほど硬いともろくて下地の変形に対応できずバリバリに割れるでしょう
コーティングをあえてするなら表面皮膜を作らない物が安全かと思います
うちは磨くほうの路線です
これはあくまで私個人の私見ですので絶対に正解の結論とは言い切れませんので参考までに
おそうじと再生のイ~ピカドットコム
ハウスクリーニングのクリーナー西播
代表  拝
メールでのお問い合わせはinfo@e-pika.com
お電話の場合は 079-273-5870 までお願いいたします。

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »