無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

当社の基本的な考え方

2013年6月12日 (水)

臆病者であれ

何かしら作業をするにあたっていつも最善策は何かと考えます

たとえばワックスがけ
皆さん何でもかんでもワックスをかければ良くなると考える方が大多数ですが
果たしてそうでしょうか?
新車を購入してすぐのワックスがけは塗膜の硬度がまだ完全に出ていないので
傷が入りやすいので半年後ぐらいが良いと聞いたことがあります
住宅の新しい床については傷が入らないうちのワックスがけが良いとされていますが
機能性の保持の面からは細かい傷が入らないうちにワックスで保護するのが定番とされています
ですがメーカー塗装の質感、肌触りは独特の風合いが有りワックスがけでその良さが
失われることも有ると思います
最近の床は撥水性がよくどの程度密着するかも重要で密着不良なら当然塗ってはいけません
個人的には真新しいときは新品の風合いを楽しんでいただいて放置していると
機能性が失われる何歩か手前で掛けるのが一番理に適っているのではとも思います
表面に目には見えない細かい傷が入って密着も良くなるし(ここだけの話)
誰にどう聞かれても私はこう思うと堂々と言い切れることが王道と思います
自社の都合で要りもしないものや高額過ぎるものを勧めることなどもってのほか
自分の価値観でさほどに状況が改善されないのにやらないよりはマシ
少しでも良くなるんだからOKだろう  ぐらいのノリでいる方も見受けられます
???
やましさが有ると話に迫力がなくなります(空元気の輩もいますよく観察してください)
地場で営業しているのですから逃げられません
本当にこれが最善かといつも臆病でなければと思います
作業も提案も
NHKプロフェッショナルでてんぷら職人の方が
俺は日本一臆病な男だがその繊細さゆえに見えるものが沢山あって
良い仕事が出来ると言い切っておられた
同感です
店主  拝
おそうじ再生のイ~ピカドットコム
ハウスクリ-ニングのクリーナー西播
問い合わせはこちらまで
℡ 079-273-5870
fax 079-273-5447